Untitled Document
 
rasisa
 
 
 

 
 
 
 

投稿者 ラ・メール
作成日 2013/11/20
ㆍ照会: 4019  
ケネディ大使
ニュース番組にキャロライン ケネディさんの笑顔が映っていた。
美しい顔だが、しわが多いなと思った(笑)

後日、ふとつけたテレビで、コメンテイタ―が大使のしわに触れていた。
「アメリカの知性と教養あるセレブの女性はしわの整形をしない」と。
整形に全く関心も知識もなかった私は、「え~」そんなものかと非常に驚いた。

しわは老化現象の一種だから、女性(男性も)はしわがないほうが若く見えるだろう。
アメリカでは経済的余裕のある女性は、しわ取りをするものとの先入観を持っていた。
なのに、この強烈な誘惑に逆らって「外形は自然のままに任せ、外形に無駄なエネルギーを費やさず、女は中味で勝負する」という姿勢。
私はアメリカの真のエリート女性の確固たる信念とプライドを感じた。

欧米ではリーダーを目指す男女は概ね、しっかりした個が確立されている。
だから、女性の有能な政治家も現れるのであろう(サッチャー、メルケル、クリントン・・・・・・)
日本でも強い指導力を持った女性の総理が誕生し、国民をグイグイと引っ張っていくような時代になってほしいもの。

有り余る名声や財産も手に入れているのに、外形や人の目を気にせず、実力本位の生き方を心掛けるケネディ大使に好感を覚えるのは私だけだろうか?