Untitled Document
 
rasisa
 
 
 

 
 
 
 

投稿者 ラ・メール
作成日 2014/09/27
ㆍ照会: 1497  
碧空
思うところがあり、最近、一周600mの公園を毎日20分程度、早足で歩いている。
木陰が多いので、この季節には助かる。
何も考えず(考えないようにして)、ただ、黙々と歩いていると、時折、涼しい風が吹き抜ける。

まるで心の煙突掃除。
一瞬にして心は洗われ、、もやもやした雑念が持ち去られたように思えた。
これまで経験したことのない清々しい体験だ。

歩く効用を、この年になって初めて五官で感じた。

何事も先入観にとらわれず、チャレンジしてみるものだ。
自分では良く分かっている積りでも、その範囲は狭く、浅いものだと痛感。

素直に自然に向かって心を開き、その声に耳を傾けるべし。

かくありたい、と思わせる碧空の下でのウォーキングでした。

ちなみに、私はコンチネンタルタンゴの碧空(BLAUER HIMMEL)がお気に入り。
♪突き抜ける碧空には宇宙に通じるロマンを感ずる♪