Untitled Document
 
rasisa
 
 
 

 
 
 
 

投稿者 ラ・メール
作成日 2014/08/15
ㆍ照会: 1251  
ファミリー
次男君の家庭科の宿題は「一食分を作る」
広島風お好み焼きに挑戦。
食材の購入から仕上がりまでの全過程がゆう子さんのコメント付きでアップ。
ママが後追いしていたとはいえ、一人で食材をそろえる。
なかなかやりますね。

子供の成長への喜びと母の子に対するいとおしさに感銘。

普段は家族で行くピザ店に、今回は子たちが行けないので、このチャンスとばかり、愛しのご主人とデート(笑)
夫婦水入らず、いいですね。
ごちそうさま(^-^)


核家族化が進んでもファミリーは互いに助け合う精神的な共同体であることに変わりはない。
うまくいけば幸福の源泉。うまくいかなければ悩みの種(笑)

私は結婚して子供が出来るまではファミリーについて深く考えていなかったように思う(ファミリー内のトラブルは全て父が解決するものと思っていた)
だが、子供を持ち、俄然、父性に目覚めた。
又、両親の老いに気付いた時、親への思いは著しく深まった。
夫婦は?
親よりも長い精神的、経済的共同体だ。
この関係の良し悪しで人生の幸、不幸は決定的に左右される、と私は思っている。

ほのぼのとした温かさが伝わってくる、ゆう子さんファミリーに幸あれ!