Untitled Document
 
rasisa
 
 
 

 
 
 
 

投稿者 ラ・メール
作成日 2016/12/16
ㆍ照会: 693  
淡き夢か?
加齢とともに年々歳々、時は早く流れる。
まるで立ち止まることを知らないかのように!!

早や今年も同期の忘年会。
5人集まる。

話題は年々病気のこと健康のことに集中する。
今年は終末に近づいたのか(笑)、相続の話も出るようになった。

驚いたことには、5人のうち2人はガン、1人は心臓のバイパス手術をそれぞれ受けていた。
2~3人に1人はガンになる?時代と言われているが、正にこれを実感した。


「一般的には年をとれば治療をしても治らないケースが多くなる。
これは病気ではなく、老化現象だから・・・・・・
年を取ることは徐々に高齢の障害者になることだ」   と、ある医師が述べている。
全くその通り(笑)

だとしても病気や老化のことばかりにこだわっていれば気分は暗くなるばかり。
老いと上手に付き合わないとね。

もっと自分以外のことに意識を向け、エネルギーを発散しなければ・・・・・


孫娘は生まれ落ちた時から常にニコニコ。
はい歩くようになってからはマイペース。
親も私も振り回され続けてきた。
だが、この孫娘も1月には成人式を迎えるが、能天気振りは子供の時のまま。
都合のよい時には近寄ってくるが、嫌ならプイ!
まるで猫みたいで自分のことしか考えていない。

だが、物は考えよう。
このじゃじゃ馬にちょっかいを出し、敢えてバトルを挑むのも案外面白いかも(笑)
若いエネルギーが吸収でき、明るくなれるかもしれないから・・・・・
いつまでも脳天気な孫娘、覚悟を!!